6月10日発売「るりの官能体験〜ハプニングバー、カップル喫茶、混浴温泉、Tinder」

イケメンの雑な愛撫。束縛しあう二人#4

ショート「束縛し合う二人」#1 #2 #3 

こういう容姿やステータスで

ずっとモテてきた男は、強引で傲慢だ。

今野の愛撫もまた例にもれず、雑で自分勝手だ。

乳首をいきなり触ったかと思うと

後を向かせ、壁に手をついて

私の腰をあげさせる。

その尻を指でなでて、すぐにクリトリスをさわる。

先にもう濡れていたので、大丈夫だけれど

もう少し丁寧に指を湿らせたりとか

この男は出来ないのか、と思うことはある。

「早く、真子の中に挿入したい。」

しかしこういうストレートな物言いは嫌いじゃ無い。

彼にしたらさっさとペニスをぶち込みたいのに、

それを我慢して、一応愛撫しているという感じなのだろう。

でも、そわそわとした落ちつかない幼稚な愛撫が、

私を全力で求めていると思うとかわいげがある。

こういう男は適当なタイミングで

攻守交代して、こちらから愛撫してしまった方がいい、

今野も奉仕されることになれている。

「俺はあんまり乳首とか感じないから。早く咥えてほしいな。」

要望もストレートだ。

バスルームで仁王立ちする今野の下にひざまずくと

ペニスをくわえ込んだ。

哲夫なら私が咥える前に、執拗に舐めてくる。

こちらがもう参った、と思ってもまだしつこく舐める。

哲夫の愛撫はまた格別で離れられない。

今野とセックスする度に、哲夫の優しさやねっとりとした、いやらしさに癒やされる。

旦那のより立派で大きくて固いよ。束縛しあう二人#5