6月10日発売「るりの官能体験〜ハプニングバー、カップル喫茶、混浴温泉、Tinder」

刺激を求め続けた先には?

セックスやエッチなことに、刺激をもっともっと、上を上を、と求めていったら。

いつか満足する時がくるでしょうか?

想像しうるエッチなことを、レベルアップレベルアップし続けたら

ゴールがあるのでしょうか。

そうしたら飽きてしまうかもしれません。

マンネリを恐怖する理由

あきてしまったり、マンネリ化してしまうことを恐れています。

そういう気持ちになってしまったらどうしよう。

相手を傷つけてしまったらどうしよう、と不安になってしまう。

しかし、それも結局は自分が嫌われたくないということだったりします。

飽きてしまったらそのときはそのとき、という開き直り

私はまだその境地にたどりつけていません。

だから、マンネリしないように

ゆっくり階段を上っていきたい、と思っていました。

でも突然、階段が無くなっているときのことを思うと恐怖します。

でもそれも自分の思い込みにとらわれているのだと少しずつわかってきました。

刺激を求めても意味がない

刺激がなくなれば次の刺激を求めてしまう。

刺激を求める限り、ゴールも満足もないのです。

しかし、刺激以外にセックスする理由を、なかなか見いだせないのです。

刺激と興奮、セックスと愛情が分断されてしまっていると、自分が何を求めているのかよくわからなくなってしまうのです。

愛しあうために、肌を寄せ合うことがセックスなんだとあらためて思うのです。