6月10日発売「るりの官能体験〜ハプニングバー、カップル喫茶、混浴温泉、Tinder」

ハメ撮りのすすめ(準備編)

彼女の下着は

男性の皆さんの憧れるハメ撮り。

ハメながらじゃなくても、エッチな撮影憧れますね。

しかし結構難しいのです。

そしてここでも女性の気持ちを最優先することを忘れないでくださいね。

では何が難しいか見ていきましょう。

ハメ撮りの困難さ①セックスに集中できない

撮影していると、気になってセックスに集中できません。

まず撮られているだけで、女性は固まります。

まず濡れません。

男性もカメラに集中して勃起しないことも。

とにかく、結婚式の記念写真やビデオ撮影を思い出してください。

緊張して固くなって変な映像でしたよね?

撮影される、ってそういうことなんです。

ハメ撮りの困難さ②撮影そのものが難しい

・録画が押せてるか

・手ぶれがひどくないか

・画角に対象が入っているか

・女性も可愛く写ってるか

など気になるポイントがたくさん。

さらに、

・個人を特定できそうなものが入ってないか

・顔にモザイクをかけやすいアングルか

なども気にする必要があります。

とにかく、もう撮影って大変!ってなります。

解決のために、まずハメ撮りの目的を決めよう

そこで今回のハメ撮りが何のためなのかはっきりきめましょう。

・自分達しかみない or 人に見せる

・前戯の一環として撮影 or エッチな映像制作がメイン

・挿入メイン or 前戯メイン

この組み合わせだけでもしっかり決めましょう。

最初のハメ撮りのおすすめは

・自分達しかみない

・前戯の一環として撮影

・前戯メイン

です。

 まずハメ撮りを他人に見せることは大きなリスクですから、

女性が嫌がって、固まって当たり前です。

まずは自分達で楽しむことにつかいましょう。

そして、セックスを盛り上げるための変態行為として撮影と割り切りましょう。

つまり撮影クオリティはどうでもいいのです。

撮っている、撮られている、という変態行為で二人で興奮すれば十分です。

なので、乳首舐めやフェラだけ撮影すれば十分です。

または固定カメラで置きっぱなしでも十分でしょう。

撮っている映像は単なる記録用なのでどうでもいいのです。

それよりも撮影をつうじて 二人のセックスを楽しむということに焦点を当ててみましょう。