6月10日発売「るりの官能体験〜ハプニングバー、カップル喫茶、混浴温泉、Tinder」

時に自分でヌイて冷静になってから愛してると伝える

妻の下着は

基本的には精子を貯めて元気でいる方が大切です。

でもあまりにも射精したい欲求に駆られて、不合理な決断をしてしまいがち、

つまりちんぽにコントロールされてしまうことも多いはず。

そんなときは無理せず自慰行為で射精しましょう。

ムラムラしていると短絡的な決断をしがち、その結果女性を傷つけることも

その場しのぎの、とにかくなんとかセックスに持ち込もうとやっきになってしまう。

そして今目の前のこの女性を逃したらもうセックスできないのではないか、というような焦燥感に駆られる。

愛してる、好きだと嘘をついて女性をだましてまでセックスをしたくなる。

そうすると終わった後、冷たく接するので女性はわかるものである。

セックスしたいから愛してると言ってるだけだな、というのも女性はすぐわかるものである。

よくよく考えて決断したほうがいい。

その女性とちゃんと付き合っていくつもりがあるのか、

一夜だけの話なのか。

お互いに遊びなら期待をもたせるようなことは言ってはいけないのである。

先にヌイておけば、落ち着いて話せる

目の前の女性と冷静に話し、

関係を続けたいのか、

ただの欲求なのかも判断できる。

その上で、愛してるなら愛してると言えばよいと思う。

男性はセックスしたいから愛してるといい、女性は愛しているからセックスをしたいと思う

男と女の不幸な行き違いがある。

男性はえてして女性のことをあんまり考えてない。

ちんぽ脳の人がたくさんいる。私だってそうである。とにかくちんぽに支配されてしまっているのだ。

それではあまりにも寂しい。

男性にだって愛はあるのである。ただちんぽに比べると弱いのだ。

だから時には、もったいないと言わずに自分で抜いてから、女性と向き合うことも大切である。

真摯な態度で、きちんと愛を伝えるのも大切だと思うのです。