6月10日発売「るりの官能体験〜ハプニングバー、カップル喫茶、混浴温泉、Tinder」

女王様を演じてみよう

自己肯定感の低い女性はたくさんいる。

育った環境にとどまらず、夫婦間の関係でさらに自己肯定感を下げてしまう場合もある。

自己肯定感の低さからセックスを受け入れてしまう

「セックスさせてあげないと私は居場所がない」

という不安を抱えている人は結構いるものである。

セックスさせてあげないと、愛されない

という自己認識があるから、自分が我慢してついついセックスを許してしまう、

ということが、夫婦の内外に起きて傷ついてしまうのである。

とりあえず女王様を演じてみましょう

そこで解決策は、とりあえず女王様になったつもりで演じてみることである。

女王様は、その辺の男に「セックスさせて」と言い寄られて

簡単に応じるだろうか?

その辺の男のセックスに応じて、何か女王様に得があるだろうか?

下手したら女王様の信頼が揺らいでしまうかもしれない。

毅然とした態度で、断り、

時に怒ることも必要だろう。

「私はそんな安い女ではないの。」

女王様はセックスする必要はない

目の前で、男どもにはオナニーでもさせればいいわけである。

男達はセックスしたい、というよりも射精したいのである。

なので、射精の手伝いをしてあげて、

自分達で射精させればいいのである。

「私でオナニーすることを許します。」

と許可を出す、上からの立場で、射精したい男をコントロールするくらいで

男女のバランスはちょうどいいのである。