6月10日発売「るりの官能体験〜ハプニングバー、カップル喫茶、混浴温泉、Tinder」

ハプバーをラブホ代わりに利用するのはあり?

<妻の下着は>

ハプニングバーは、社交のバーである。

あくまでコミュニティであり、場所貸しではない。

マナーとコミュニティ維持の気持ちをもって、紳士的に利用したいものである。

夫婦やカップルが誰とも話もせず利用する場合

夫婦やカップルが日常のセックスにちょっとした刺激を追加したくてハプニングバーを利用する。

ほかの単独男性と話たりすることは無く、もちろん誰かを誘ったりもせずに、二人だけでルームでセックスする。

それはお店的に、ほかの客的にどうだろうか?

ほかに人がいる状態でセックスしたい、という欲求があるわけで変態の一種ともいえるので一応セーフではないだろうかと思う。

気が変わって単独男性と絡むこともあるかもしれない。

それに、、エッチなことをしている人達が店にいるだけでも、空気は変わる。

そういう意味では、お店にも多少は貢献しているのではないかと思います。

しかし理想をいえば、ほかの単独男性たちと話したり、ちょっとセクシーな服装を見せびらかしたり、みんなを盛り上げて演出してほしいものです。

マッチングアプリの顔合わせにハプバーを利用する

男女どちらかが、常連であり、

新規顧客の勧誘かねて、だれかを呼び込む、これはお店がOKというならセーフであろう。

しかしあくまで「お店のためになりそうなら」という限りにおいてである。

自分達の都合だけでハプバーを本人確認や、安全にであうために利用し、しかもそのあとほったらかし、というようなのは大人の遊びとしてはマナーが悪すぎるだろう。

ハプニングバーというコミュニティを馬鹿にしている、と私は思う。

店、コミュニティにはそれぞれルールがあり、みんなで育てていくものなのである。

それにただ乗りするフリーライダーはどんなコミュニティにおいても嫌われるだろう。

連れだしはなぜだめなのか

マッチングアプリでもほんとうのカップルだとしても基本「連れ込み」なのでまだ議論の余地がある。

一方「連れだし」は御法度である。

男女ともに「なぜだめなのか理解できない人」が一定数いるが、

これはコミュニティ維持のためのコストをだれが払っているかである。

ちゃんと通っている常連や、お店の出資・努力によって顧客は維持されているわけである。

それを連れ出されてしまっては、莫大な損失である。

良い男、良い女であればなおさらである。

一人あたりの新規獲得コストが例えば5000円かかっているとして、その人が将来ハプバーに払う回数が1万円 X 5回くらいとしても、ライフタイムバリューは55000円である。

女性が男性を呼ぶわけなので、女性は無料だから女性が店にくるだけで、1万円払ってくれているのと同じかそれ以上と仮定できる。

男女ともに、だれか一人連れだされたら55000円の損失である。

そして連れ出した方も連れ出された方も、そのまま来なくなることが多い。

そうすると、男女あわせて11万円である。

だから、お店は連れ出されたら怒るわけである。まあ、商売なので至極当然のことであろう。