6月10日発売「るりの官能体験〜ハプニングバー、カップル喫茶、混浴温泉、Tinder」

寝取られ説得作戦 #1

ラブホテルでカップルのたわいもない会話。

ベッドで裸のカップルが横たわりながらテレビを見ている。テレビ画面に流れるアダルトビデオを見ながら彼氏がいう。

「こういうのいいよね。憧れる。」

彼氏の名前は照(てる)明るく人懐っこい男である。

彼女は明里(あかり)。明るい性格だが嫌なものは嫌とはっきりいう。気の強い美人だ。明里は少しうんざりした感じで照に返す。

「照くんの言ってることはわかるよ。たまにネットでも見たことあるよ。寝取られっていうジャンルでしょ?」

二人とも社交的で明るいカップルである。なんでもオープンに話しあい楽しむことに積極的なカップルだ。照がテレビに流れた寝取られものAVに食い入る様子に、彼女の明里が呆れ顔なのである。

「そうだよ、わかってれば話は早いじゃん。明里が他の男に抱かれてるのが興奮するんだよ。」

照は明里にキスをして

「俺は真剣なんだよ。愛してるからこそ抱かれて欲しいんだ。」

明里は照を押し返す。

「もう、やめて。ただ自分が興奮したいだけでしょ。百歩譲ってだよ、照くんが興奮するってのは嬉しいよ。私で興奮してくれてるんだな、って思うけど。」

明里は真面目顔だ。

「でも、私は興奮しないよ。というか正直、気持ち悪い。なんでその知らない男とセックスしないといけないのか、って思っちゃうのよ。」

「知らない男だからいいんじゃないか〜」

照くんはまだ説得しようと本気だ。

「知らない女とセックスしたいのは男だけなのよ。

女は知ってる男、愛してる男とセックスしたいわけ。

知らないおじさんとセックスなんて、お金もらわないと無理なのよ。」

「おじさんじゃなくていいんだよ、イケメンならどう、若いイケメンとか。」

食い下がる照。

「そういうことじゃないのよ。セックス下手かもしれないし。」

「イケメンで、セックスが上手くて巨根ならいいだろ?」

「そういう問題じゃないんだってば。それにさ、イケメンでセックスが上手くて、巨根で、

そして大事なのは・・・、」

明里がニヤニヤする。

「大事なのは?」

照は聞き返す。

「私のことを愛してくれるなら、私もその人を愛するわ。だからその人とセックスできる。」

照も一歩進んだと思ってニコニコする。

「それならいいじゃん。」

「でもそしたら、照くんとは別れるわ。」

「なんでよ、」

「私はそうなのよ。一人しか愛せないから。それに女ってそういう生き物じゃない?

男は別名保存、女は上書き保存。前の男とかどうでもいいのよ」

「なんでよー、寝取られたあと、俺とセックスしないと意味ないだろー。

くそ〜そう言われると、それはそれで本当に寝取られそうでムラムラしてきた。

イケメンでセックスが上手くて巨根な奴に負けてたまるか。」

照くんは明里の胸を舐める。

「あんっ、舐めないでよ〜。まだ話の途中でしょ。しかもその彼、金持ちかもしれないわ。フェラーリで迎えにきたらどうする?」

「やめてよ〜。本当に悲しくなるじゃん。俺の愛車の軽で追いかけるよ。」

寝取られの道は遠い。

この続きは

ここまでお読み頂きありがとうございました。

この続きは、関根るりの単行本最新刊「寝取られ説得作戦 ほろ苦くビターな味」をご覧ください。

KindleUnlimitedの読み放題でもお読みいただけます。